レスベラトロールの効能

レスベラトロールの効能

 

レスベラトロールは、ブドウの皮やピーナツの薄皮、赤ワインなどに含まれるポリフェノールの一種です。
どんな生物でも細胞死を防ぐ長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を持っていますが、通常眠った状態です。長寿遺伝子は、カロリー制限をした食生活をすると活性化することが知られていますが、現代人には難しいものです。レスベラトロールは、マウスの長寿遺伝子を活性化することが報告されていて、アンチエイジングに効能があると期待されています。
レスベラトロールは活性酸素除去絹が高く、紫外線により活性化する炎症関連遺伝子を抑制すること報告されています。また、シミの原因となるメラニンを生成するチロシナーゼの活性を抑制することもわかっています。コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの肌の構成成分は、加齢とともに減少し、紫外線の影響でも壊されてしまいます。レスベラトロールには、これら肌の成分を分解する酵素を不活性化する効能があり、美肌に導きアンチエイジングに効果的です。
さらに、ガンの予防効果、認知症予防効果、糖尿病予防や動脈硬化を防ぐ効果などが報告されて言います。脂肪の蓄積も減少すると言われています。
レスベラトロールを摂取することによりアンチエイジング、健康な体づくりができそうですね。